2017年8月24日 スーパーフォーミュラ第4戦 ツインリンクもてぎ

motegi1-1.jpgmotegi2-1.jpgmotegi3-1.jpg20日は全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦の決勝レースが、栃木県ツインリンクもてぎ(1周4.801km)を52周、249.672kmで行われ、4番グリッドからスタートしたピエール・ガスリー(チーム・ムゲン)がデビュー4戦目で初優勝を飾りました。 2位には小林 可夢偉(ケーシーエムジー)、3位にはフェリックス・ローゼンクヴィスト(スノコ チーム ルマン)が入りました。 いつもと違って、優勝したフランス人のピエール・ガスリー選手と、3位のスウェーデン人フェリックス・ローゼンクヴィスト選手は、表彰式でスパークリング日本酒をお飲みになっていました。 http://superformula.net