2018年10月 1日 インドの日本大使館で日本酒イベント。

インド2018-1.jpgインド2018-2.jpgインド2018-3.jpgインド2018-4.jpg9月8日17時よりインドの日本大使館で日本酒の試飲イベントと商談会が開催され、参加させていただきました。 多くのインドの流通・日本食の関係者が来場され、お話しさせていただきました。 人気酒造は、大吟醸、モダンクラシック純米大吟醸、ゆず酒、梅酒、瓶内発酵スパークリング、の5種類で、どれも輸出実績の高い商品ですので、とても多くのお客様に興味を持っていただきました。 しかしながら、インドの関税、酒税、付加価値税、輸送費、通関費用、は世界のどの国よりも高価で、おそらくインドの末端価格は、日本の販売価格の10倍近くになりそうで、まだまだ日本酒が売れるようになるまでは時間がかかりそうです。