2019年8月 9日 新しい二本松の米で造った「桜福姫」の記者発表をしました。

20190809-2-1.jpg20190809-2-2.jpg7月24日、二本松市東和地域で試験栽培した新品種の米「NOKO1号」(仮称)で試験醸造した純米吟醸生酒の記者発表と試飲会を開催しました。 この稲は、背丈が150cmにもなりますが台風でも倒れにくい品種特性を持っています。 もちろん食用ですが、背丈が高く大粒のため、酒米に向いていると考え、今年度少量収穫された原料で試験醸造を行いました。 720mlで678本の限定品ですが、ご購入いただくことで来年以降も試験を継続し、新たな二本松の酒米として品種登録を目指しています。 販売は二本松の道の駅で行われます。