蔵元ブログ

tokusatsu1.jpgtokusatsu2.jpgtokusatsu3.jpgtokusatsu4.jpg8月3日は三春の「福島さくら遊学舎」で「特撮のDNA」展が開催され、そのオープニングレセプションが行われました。 福島が誇る「特撮の神様」円谷英二監督を原点に、そのDNAを引き継ぐ日本特撮の魅力をご紹介する本展は、「ゴジラ」や東宝怪獣映画、特撮映画シリーズなどの作品群のスケッチやミニチュア、ジオラマなどを多数展示。 特撮技術のすべてがわかる展覧会となっています。 前売り券は福島さくら遊学舎、ファミリーマート全店、中合福島店、うすい百貨店、福島民友新聞販売店でお買い求めいただけます。 ショップでは人気酒造のお酒も購入いただけます。 期間:8月3日(水)~10月2日(日) ※不定休 会場:福島さくら遊学舎 開館時間:10時~17時(受付16時30分まで) 入館料:大人1200円(前売り1000円)/中学生以下600円(前売り500円) http://fukushimagainax.co.jp/?p=2499

2016年8月 9日 ふくしま美酒体験

bishu1.jpgbishu2.jpg8月3日は、ふくしま美酒体験に参加しました。 県内の酒蔵35社が参加し、1部2部合わせて1000人近いお客様にお越し頂きました。 毎年恒例のイベントで楽しみにされている方も多く、2部チケットは完売、当日券も出せない盛況ぶり。 人気一からはゴールド人気、黒人気、黄人気、瓶内発酵、皆造しぼりたての5種類をお出ししました。 ゴールド人気、皆造しぼりたてが好評で、繰り返し飲みに来て下さるお客様もいて大変うれしかったです。

slhiroba1.jpgslhiroba2.jpg28、29日は、都内の新橋駅西口SL広場で全国新酒鑑評会の金賞受賞数4年連続日本一を記念した日本酒イベント「日本一のふくしまの酒まつり」を福島県の主催で開催しました。 県内58蔵元103銘柄が飲める過去最大規模の福島の日本酒イベントでした。 "日本一"の酒の魅力をアピールするのが目的で、日本酒と合わせて、県産グルメも販売しました。 ステージでは、福島県ゆかりのアーティストが会場を盛り上げました。 問題だったのは価格で、一組5枚つづり千円のチケット制なのですが、1枚で純米酒、2枚で純米吟醸酒、3枚で大吟醸酒、のため、当社のゴールド人気は3枚!高価な大吟醸ならともかくこのようなイベントでこの価格は無いかと思いました。 slhiroba3.jpgslhiroba4.jpg

kanzake12016.jpgkanzake22016.jpgkanzake32016.jpgkanzake42016.jpg28日は全国燗酒コンテスト2016の審査会を開催しました。 今回から、主催は全国燗酒コンテスト実行委員会、後援は日本酒造組合中央会になりました。 会場は外苑アイランドスタジオ(東京都渋谷区)です。 出品は254社から768点、審査員の評価スコアの平均値で上位30%を金賞、 うち最上位5%を最高金賞と認定。 厳正な審査の結果、230点の入賞(入賞率29.9%)を選出しました。 審査部門は、お値打ちぬる燗部門(720ml 1100円以下:税別) 審査温度:45℃、お値打ち熱燗部門(720ml 1100円以下:税別) 審査温度:55℃、プレミアム燗酒部門(720ml 1100円超:税別) 審査温度:45℃の3部門です。

審査員は30名*五十音順 敬称略 、審査リーダー 石川雄章(日本醸造協会顧問)、北本勝ひこ(日本薬科大学特任教授)、佐藤和夫 (元東京農大教授)、須藤茂俊(日本酒造組合中央会顧問)、高橋康次郎(元東京 農業大学教授)、濱田由紀夫(日本酒造組合中央会理事)
一般審査員 遠藤誠(アカデミー・デュ・ヴァン)、大竹聡(やまや)、大森清隆(SSI)、 柿添尚弘(ジャパンクラフトサケカンパニー)、かざまりんぺい(文筆家)、 狩野卓也(酒文化研究所)、こばたてるみ(日本酒スタイリスト)、今野征哉(そ ごう西武)、柴公(旬肴処だくだく)、嶋﨑敬天(升喜)、菅波葉子(酒販売アド バイザー)、杉原英二(酒サムライ)、鈴木真弓(しずおか地酒研究会)、 新川智慈子ヘルトン(NYC酒コーディネーター)、西野京子(大丸松坂屋百貨店)、 橋本健二(早稲田大学教授)、花島牧男(APカンパニー)、藤井雅祥(そごう西 武)、間口一就(バーロックフィッシュ)、三ツ木由紀子(酒食系ライター)、 簗場由何里(国際きき酒師)、山田聡昭(酒文化研究所)、山本慎吾(三越伊勢 丹)、和田直人(アンカーマン)

審査方法は湯煎で審査温度にコントロールして、ブラインド審査で5段階で評価 になります。
この件についての問合せは、全国燗酒コンテスト実行委員会 株式会社 酒文化研究所内 東京都千代田区岩本町3-3-14 Tel:03-3865-3010 担当 山田聡昭 Eメール:yamada@sakebunka.co.jp

bakusaku1.jpgbakusaku2.jpgbakusaku3.jpgbakusaku4.jpg23日は人気一の蕎麦焼酎の原料生産者の若宮ばくさく様が、全国蕎麦製粉協同組合理事長賞を受賞、創立10周年を兼ねての祝賀会が会津坂下町で開催され参加してきました。 授与式(写真1枚目)が行われ、その後、プロジェクトF21代表の斎藤武二代表から、人気一のそば焼酎『福島の風出逢い』の益々繁盛瓶が若宮ばくさくの内海代表に贈呈されました。(写真2枚目) 生産者の皆様にも久しぶりに会う事ができ、とても盛大な祝賀会でした。 おめでとうございました。

2016年7月29日 皆造祝い

kaizo2016.jpg21日は今年も酒造りが終わり、二本松の居酒屋で、ささやかですが皆造祝いの宴を社内で開催しました。 人気酒造は鮮度の高い酒も特長ですので、6月で造りを終えるのですが、7月からまた造り始めますので、昔ながら(といってもここ100年くらい)の酒屋の習わしが変わっています。

fmsendai1.jpgfmsendai2.jpgfmsendai3.jpg20日はエフエム仙台の「繋ごう明日へ」という復興番組に出演。 当社のメインの商品、瓶内発酵スパークリング、ゴールド人気+皆造しぼりたての話しをさせていただきました。 パーソナリティの黒沢さんと庄司さんとは共通の友人も多く、ご縁にビックリでした。

sf12016.jpgsf22016.jpgsf32016.jpgsf42016.jpg17日はスーパーフォーミュラ第3戦がFUJIスピードウェイで開催されました。 今年は大分大会が震災でキャンセルになったため、1戦少なくなってしまいました。 多数のお客様が来場しスパークリング日本酒もとても好評でした。

sekaitaikai12016.jpgsekaitaikai22016.jpg13日・14日は今年もパシフィコ横浜で、盛和塾の第24回世界大会が開催され参加させていただきました。 懇親会では人気一の皆造しぼりたてを出していただきました。

harase2016.jpg12日は二本松伝統文化教室を市内の原瀬小学校で、NPO法人せんすの橋岡代表をお迎えして開催させていただきました。 橋岡代表と校長先生と。 参加した子供たちは普段触れることができない世界を体験できたようで、皆さん喜んでいました。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 次の10件