蔵元ブログ

1228-2-1.jpg1228-2-2.jpg1228-2-3.jpg12月2日は、「世界科学ファクチュアル制作者会議」が日本科学未来館で開催され。 世界中から来日した製作者の皆様を対象に、クリス君が英語で日本酒セミナーを行ったり、タイプ別の試飲会が開催され、私もお手伝いしてきました。 Miss日本酒も試飲会を手伝って頂き、まさに対外国人最強の布陣で、あっという間にお酒は空になりました。

1228-3-1.jpg1228-3-2.jpg1228-3-3.jpg11月23日は日本酒とイタリアンフード、日本酒をもっと楽しく、Kampai! Sake アペリティーヴォfor 2020が千駄ヶ谷鳩森八幡神社境内で開催され参加させて頂きました。 当日は朝から11月とは思えない寒さと、一日中降り止まない雨に悩まされましたが、そのせいもあって忘れられない1日になりました。 Al Portoの片岡シェフと手島先生のトークショーやGONZOさんのライブもあり、イタリアンと日本酒と鳩森神社は参加してすべてのお客様に未体験ゾーンを提供したと思います。 オリンピックを前に国立競技場を見上げる場所でこのようなイベントに参加できて良かったです。

1228-1-1.jpg1228-1-2.jpg1228-1-3.jpg11月20日はマセラティクラブの皆様とイタリア大使館のレセプションに参加させていただきました。 イタリアのリキュールメーカーも参加していて、いろいろ飲ませて頂きました。 日本に売り込みたいそうですが、外国の酒らしくいろいろな複雑な味がして、素材のシンプルな味が好きで、その方が高級と感じる日本人には難しいと思いました。

2019年12月28日 ミラノ酒チャレンジ

20200107-3.jpg11月18日に、ミラノSAKEチャレンジの審査結果が発表されました。 人気酒造の瓶内発酵スパークリング純米吟醸がスペシャル部門でプラチナ賞、ゴールド人気純米大吟醸が純米大吟醸部門で金賞、黒人気純米吟醸が純米吟醸部門で銀賞を受賞しました。 審査員はすべてイタリア人のSAKEソムリエで、しかもイタリアは美食の国で、日本人もイタリアンが大好きです。 そのような国で当社の日本酒が評価されてとても嬉しく思います。 詳しいミラノSAKEチャレンジ情報 https://www.milanosakechallenge.com/#/

2019年12月28日 ワルシャワの寿司屋

20191228-4-1.jpg20191228-4-2.jpg11月13日はワルシャワで一番の繁盛店、泉寿司に行ってみました。 巨大な店舗はまるでグリーンハウスかテラスハウスといった感じの建物で、中心の植物の周りに席や個室がある、とても贅沢なつくりのお店でした。 こんなお店が街中にあったら高級なのは仕方ないといった説得力がある店でした。

2019年12月28日 ワルシャワで商談会

20191228-3-1.jpg20191228-3-2.jpg20191228-3-3.jpg11月13日はポーランドのワルシャワでJETRO主催の商談会に参加してきました。 日本からは、ポーランドは東側のイメージが高い国ですが、実際ロシアに近く、アルコールに強く将来日本酒の輸出先としては有望な国です。 しかし、最も驚いたのは、日本人男性がモテる国なのだそうです。 日本人男性は世界中でモテ無いのは通例で、逆に日本人女性は世界中でモテるのは有名ですが、実は日本人男性がポーランド人の奥さんと生活しているのはとても多いのだそうです。 でも和食レストランを経営している日本人男性はとても少ないのが現状でした。

20191228-2-1.jpg20191228-2-2.jpg20191228-2-3.jpg20191228-2-4.jpg20191228-2-5.jpg11月11日はイタリアで初の日本酒コンテスト、ミラノSAKEチャレンジの審査会があり会場に行ってきました。 蔵元は審査には入れないのですが、審査会が始まる前に元中央会理事の濱田先生に日本酒の講義をお願いしました。 審査員は皆さんイタリア人で日本酒ソムリエ資格者なので、とても真剣で質問も多く有意義な時間でした。 https://www.milanosakechallenge.com/#/

20191228-1.jpg20191228-2.jpg20191228-3.jpg11月10日はミラノのTENOHA様で、人気酒造の試飲会を行なっていただきました。 現地で販売している定番のゴールド人気、黒人気、スパークリングの他、日本から生酒を持参しとても好評でした。

2019年12月25日 富岡町の酒米セミナー

20191225-2-1.jpg11月9日は東京農工大学大学院農学研究院で、富岡の生産者・渡辺さんの営農再開セミナーを拝聴してきました。 除染後ハイテクを駆使した農業で、カメラで監視し、水門をリモートで操作、合鴨ロボットを使っての除草で有機栽培の酒米を生産する予定です。 今年は有機認証は受けられませんが、この酒米で試験醸造を予定しています。

20191225-1.jpg20191225-2.jpg11月5日は八重洲で常磐線活性化プロジェクト商談会があり参加してきました。 東京農工大の野見山先生と、新しい酒米NOKO1号で試験醸造したお酒の試飲会をさせていただきました。 来春に常磐線全線運転再開に向けて、新しい取り組みができればと思っています。

前の10件 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 次の10件