蔵元ブログ

遊佐ストックホルム1.jpg遊佐ストックホルム2.jpg遊佐ストックホルム3.jpg遊佐ストックホルム4.jpg2月18日、スウェーデンのストックホルムにあるクアハウスでリニューアルオープンのパーティがあり出席して来ました。 チョイスグループのオーナー、や輸入元、ホテルの支配人と鏡開きをさせていただきました。

森本ラオス1.jpg森本ラオス2.jpg森本ラオス3.jpg森本ラオス4.jpg森本ラオス5.jpg森本ラオス6.jpg2月1日~5日にかけて、ラオスで開催された「JAPAN FESTIFAL」に参加してきまし た。 首都ビエンチャン郊外の会場で、ステージでイベントとショップ・企業のブースでの 日本文化や製品を紹介するイベントです。ラオス現地での日本のイメージはとても良 く、食事も文化もとても好意的で関心が高く扱われています。和風居酒屋や寿司料理 店も増えていて、特に寿司は屋台形式・バイキングで販売する店舗もあります。海の 無い国で生魚へのなじみが薄く、ネタはサーモンやアナゴ、サラダ巻きが主流でし た。 イベントは4回目の開催。人気一は初参加です。今年は異常気象でちょうど寒波のす ぎた日で、天候が悪く肌寒い日程でしたが現地の家族連れを中心に期間中は遅くまで とてもにぎわいました。ゴールド人気、瓶内発酵スパークリング、モダンクラシック 純米大吟醸6の3種類を提供しましたが、他のアジアの国と同じく米の甘味を感じる ものが好まれるようです。

バンコク1-2018-1.jpgバンコク1-2018-2.jpgバンコク1-2018-3.jpgバンコク1-2018-4.jpgバンコク1-2018-5.jpg1月30日、31日とバンコクを訪問してきました。 スクンビットに昨年末に新しくオープンした和酒専門店「SAKE FOREST」で、人気一 のテイスティングイベントを行いました。 ゴールド人気、瓶内発酵スパークリングの2種類を楽しんで頂きながら、蔵や酒造り の紹介をスライドを観ながらお話をしました。現地在住の日本人の方、中でも福島県 にゆかりのある方に沢山お越し頂き、とてもくだけた楽しい時間になりました。 アルコールに関する法律が厳しく、販売可能な時間帯や場所が決められています。日 本酒を数多くそろえている専門性の高いお店もまだ少なく、SAKE FORESTは非常に珍 しい店舗です。こだわった、品質の良い日本酒を求める方に人気のスポットになると 思います。

ホテルエドモント1.JPGホテルエドモント2.JPG2月12日飯田橋ホテルエドモントメトロポリタンにて、「ふくしま食の絆謝恩会」が副知事参加にて開催されました。 当日は、多くの飲食店様、酒販店様に人気酒造のお酒を試飲頂きました。

ack1.jpgack2.jpgack3.jpgack4.jpgack5.jpg25日は、会津地域に求められる「ブランディング」とは、というテーマでセミナーが開催され、その第1部の講演会として 『新しく酒蔵をつくった人を知っていますか?』というテーマで講演させていただきました。 参加されたお客様は行政はじめ様々な立場の方でしたので、最初に日本酒業界についての基礎知識を、次に背景を知っていただくため、人気酒造を始めた理由と経緯、海外戦略は今後会津でプロモーションを計画しているロンドン、パリ、シンガポールの3ケ所に絞ってお話ししました。 ちょうど人気酒造を始めて10年の節目の年に、このような機会をいただき私自身も経営計画を整理することができました。 主催者の皆様、参加された皆様に感謝申し上げます。

mm1.jpgmm2.jpg23日は一般社団法人東北支援会プラス/株式会社アムス様の主催で明治グループ企業マルシェに参加しました。 初しぼり、青人気、瓶内発酵、の3種類の販売でした。 多くの明治グループの皆様に参加いただき、ありがとうございました。

gjk1.jpggjk2.jpg22日は、日本酒造組合中央会の海外における日本酒の認知度を高め市場拡大につなげるプロモーションとして、毎年海外記者向けにプレスツア ー を開催しています。 来日翌日の懇親会を東京で開催しました。 アメリカから2名、カナダから2名、オーストラリアから1名、フランスから1名、イギリスから1名、シンガポールから1名、の参加で、この翌日から愛媛県、高知県の蔵元で研修を行いました。

src1.jpgsrc2.jpgsrc3.jpgsrc4.jpg21日は日本酒造組合中央会の主催で、若い世代へ向けた日本酒との接点づくり等を目的に「二十歳からの日本酒イベント」を開催し、大学生委員会3組による日本酒CMコンテストを行いました。 この企画は、TOKYOFMのワイド番組「SkyrocketCompany」を連動し、日本酒の楽しみ方や魅力、実体験をラジオ放送、イベント、WEB(SNS)を活用し発信するものです。 コンテストの前に日本酒セミナーを開催し、その日本酒有識者として参加させていただきました。(写真1・2枚目) その後、TOKYOFMの大学生委員会3組が事前に日本酒を学び、大学生・20代の目線で、3つのCMを実際に作成しプレゼンテーションを行いました。(写真3枚目) 優勝したチームのCMは後日22日のSkyrocketCompanyでオンエアされました。 コンテスト終了後はタイプ別日本酒とマリアージュ(日本酒&料理)体験、日本酒スタイリストこばた先生のレシピを楽しんでいただきました。

kmk1.jpgkmk2.jpgkmk3.jpgkmk4.jpg19日は青山のリーデルジャパン様のテイスティングルームで、フランス人ソムリエが審査する日本酒コンクール第2回Kura Masterについての記者会見を開催しました。 フランスから、Kura Master副審査委員長ピエール・マネ氏(写真2枚目)、他4名の審査員、運営委員長の宮川圭一郎氏(写真1枚目)が来日し、2017年第1回Kura Msterコンクールの総括、反響・2018年第2回Kura Masterの応募要項、年間計画・フランスでの日本酒の販売状況、日本酒の輸入状況、を説明しました。 またリーデル・ジャパンのアンギャル社長より、新商品のリーデル『純米』グラスについてもお話いただきました。

m&j1.jpgm&j2.jpgm&j3.jpgm&j4.jpg13日は第一部、松崎晴雄氏とジョン・ゴントナー氏の独立20周年記念講演会でした。 日本酒の革新とグローバル化というテーマで、近年の日本酒の傾向、海外での日本酒製造状況のお話をされました。 ジョンさんも、ここ20年の日本酒をとりまく環境の変化と、日米を中心に、ご自身の仕事の内容の変化をお話しされました。(写真1枚目) 終了後は場所を変え、如水会館に移動し第二部、松崎晴雄氏とジョン・ゴントナー氏の独立20周年を祝う会 でした。 参加蔵元の酒(写真2枚目)と、世界中で造られた日本酒が飲める懇親会で、改めてお二人の日本酒愛を感じる一日でした。

前の10件 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 次の10件