蔵元ブログ

20191228-2-1.jpg20191228-2-2.jpg20191228-2-3.jpg20191228-2-4.jpg20191228-2-5.jpg11月11日はイタリアで初の日本酒コンテスト、ミラノSAKEチャレンジの審査会があり会場に行ってきました。 蔵元は審査には入れないのですが、審査会が始まる前に元中央会理事の濱田先生に日本酒の講義をお願いしました。 審査員は皆さんイタリア人で日本酒ソムリエ資格者なので、とても真剣で質問も多く有意義な時間でした。 https://www.milanosakechallenge.com/#/

20191228-1.jpg20191228-2.jpg20191228-3.jpg11月10日はミラノのTENOHA様で、人気酒造の試飲会を行なっていただきました。 現地で販売している定番のゴールド人気、黒人気、スパークリングの他、日本から生酒を持参しとても好評でした。

2019年12月25日 富岡町の酒米セミナー

20191225-2-1.jpg11月9日は東京農工大学大学院農学研究院で、富岡の生産者・渡辺さんの営農再開セミナーを拝聴してきました。 除染後ハイテクを駆使した農業で、カメラで監視し、水門をリモートで操作、合鴨ロボットを使っての除草で有機栽培の酒米を生産する予定です。 今年は有機認証は受けられませんが、この酒米で試験醸造を予定しています。

20191225-1.jpg20191225-2.jpg11月5日は八重洲で常磐線活性化プロジェクト商談会があり参加してきました。 東京農工大の野見山先生と、新しい酒米NOKO1号で試験醸造したお酒の試飲会をさせていただきました。 来春に常磐線全線運転再開に向けて、新しい取り組みができればと思っています。

20191115-8-1.jpg20191115-8-2.jpg20191115-8-3.jpg20191115-8-4.jpg今年も10月28日から11月5日、第32回東京国際映画祭が開催され、オフィシャル日本酒として会場の内外で人気酒造の日本酒をお楽しみいただきました。 写真1枚目〜3枚目はアジア・ネットワーキング・レセプションでの人気酒造の日本酒ブース。 写真4枚目は会場チケットセンター横の大屋根プラザで期間中、多くのお客様に美味しいフードと供にお楽しみいただきました。

20191115-7-1.jpg20191115-7-2.jpg2019115-7-3.jpg10月30日「第12回ALL JAPANナチュラルチーズコンテスト」が東京プリンスホテルにて開催され、awa酒協会の試飲会を行なってきました。 約1000名のチーズ関係者が全国から参加したコンテストと展示試食会での、高品質な国産のナチュラルチーズとawa酒のマッチングは素晴らしく、美味しい笑顔が溢れるイベントでした。

20191115-6-1.jpg2019115-6-2.jpg201115-6-3.jpg10月29日大安吉日は今年も御祈祷酒のお祓いを行いました。 今年は海外のお客様にも参加いただき、賑やかなお祓いになりました。 日本酒は古来から、御神酒や御清めの用途がある唯一の商品です。 人気一御祈祷酒は、お酒の好きな人に贈ったり、飲んだりするなら『御利益(ゴリヤク)のあるお酒を贈り(飲み)ませんか?』というメッセージを商品コンセプトとして打ち出した、新しいコンセプトを持った商品です。 「御利益」という分かりやすいメッセージを伝えることにより、新たな日本酒需要を発掘するのが目標です。 御利益に焦点を合わせた商品ですが、酒質としては通常の純米吟醸よりグレードアップした酒質で、特別な日の"ご馳走"や、お節料理にも合うよう、ちょっと濃い味わいにこだわった商品です。 年末年始に楽しんで頂く企画です。 販売店様が限られていますので、ご興味がありましたら、人気酒造までお問い合わせいただけましたら幸いです。 ご参加いただきました皆様ありがとうございました。 御祈祷酒の購入はこちらから。 http://ninki.co.jp/scb/shop/shop.cgi?No=116&

20191115-5-1.jpg20191115-5-2.jpg20191115-5-3.jpg20191115-5-4.jpg20191115-5-5.jpg10月24日はawa酒協会の第3回認定式お披露目会があり、今年も「人気一あわ酒純米大吟醸」の認定を頂きました。 今年で3回目、蔵元も21社になり、23アイテムの認定酒をお披露目しました。 当日理事長からは、世界ワイン市場は30兆円に比べ日本酒市場は4000億円、およそ100分の1です。足元の国内スパークリングマーケットも年々増加して日本で消費される1500万本も含めて、年間5000万本消費されております。世界ワイン市場を1%でも食い込めたら今の日本酒の倍の価値になりますと挨拶があり、今後も「awa酒を世界の乾杯酒に」「東京オリンピックでおもてなし乾杯に」を目標に頑張りたいと思います。 また、この日awa酒の特別バージョン北斎ラベルの発表も行われました(写真5枚目)今後発売を予定していますので、予定が決まりましたらオンラインショップでも販売予定です。

20191115-4.jpg令和元年10月22日の即位の礼を記念し、「人気一奉祝 令和元年 御即位大礼記念酒」を発売させていただきます。 この日本酒は、今年の新米「つきあかり」で醸した、御即位大礼の記念酒として相応しい、フレッシュな味わいが特長の「しぼりたての純米大吟醸」です。 令和元年10月22日の当日の朝しぼった純米大吟醸をその日のうちにボトリングし、生(生酒・要冷蔵)のままで楽しむことができる記念の祝い酒です。 約4000本の限定品になります。

2019年11月15日 今年の芋焼酎の仕込み

20191115-3.jpg10月17日は鹿児島に今年の芋焼酎の原料を仕入れに行ってきました。 地元の芋は今年は不作で、一本分の仕込み分しか無いため、鹿児島の志布志で黄金千貫を仕入れさせていただきました。 鹿児島、宮崎では紅芋は不作だったそうですが、黄金千貫は豊作なのだそうです。

前の10件 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 次の10件